珍しい牛乳キャップ

 

次に紹介するのは、普通の表示とはかなり変わっていると考えられるものです。

 

中部乳業(愛知)で使用されていた牛乳キャップです。保持期限があとから押印されています。おそらく牛乳キャップが余ったため、このようにしたのでしょう。比較のために現在は右のようになっています。


 

中部乳業(愛知)

サクラ牛乳

中部乳業(愛知)

サクラ牛乳

 


 

次は品質保持期限と製造日が同時に出ているものです。

 


 

Creamry農夢北海道

農夢の牛乳

Creamry農夢北海道

低脂肪乳

南海牛乳処理場(大阪)

ノアのヨーグルト

これらのキャップは、品質保持期限と製造日が一緒になっているという、珍しいキャップです。

徳に北海道のは日にちが2ヶ所に入るという興味あるタイプのものになっています。

 

ノアのヨーグルトについては、実際に入る日付は製造日で、

品質保持期限は表示されている日数から20日間まで、というふうに読むようです。

予想される種別の「発酵乳」でないところも興味あるところです(tm−hishiさん提供)。

 


次は今でもある、当たりつきのキャップです。

 


前へ戻る

inserted by FC2 system